多嚢胞性卵巣症候群にピニトールが有効な理由

妊娠するのに基本となることは、きちんと排卵が行われることで、受精するための必要条件となります。

 

ですが、多嚢胞性卵巣症候群になってしまうと、毎月の排卵がきちんとおこなわれなくなり、妊娠する可能性が低い体質になってしまいます。

 

そこで、役に立つのがピニトールです。

 

国際的に権威ある論文でも多嚢胞性卵巣症候群への効果があるといわれており、妊娠したい女性にとてもオススメとされています。

 

また、ピニトールは血糖値を下げる成分としても有名です。

 

なので妊娠中に糖尿病のリスクが高くなる35歳以上の女性には、ぜひ取り入れて欲しいところです。

 

ところが、ピニトールは国内ではあまり知られていない成分で、ピニトールが摂れるサプリメントは日本ではあまりありません。

 

ここでは、ピニトールと多嚢胞性卵巣症候群の関係について、さらにピニトールが含まれた妊活サプリメントについても紹介していきます。

 

ピニトールは多嚢胞性卵巣症候群の女性に効果的

ピニトールという成分は、多嚢胞性卵巣症候群に効果のあるカイロイノシトールの1つで、体内に摂り入れるとカイロイノシトールに変化したり、カイロイノシトールの働きをサポートしたりします。

 

なので、ピニトールを摂取することによって多嚢胞性卵巣症候群である女性の妊活をサポートしてくれる働きがあります。

 

また、ピニトールには血糖値の上昇を抑える働きがあることが分かっており、妊娠中の糖尿病や糖尿病に効果があるとされています。

 

妊娠するために打つ排卵誘発剤というものがありますが、これは卵巣過剰刺激症候群といったリスクもあります。

 

しかし、ピニトールには不妊原因の1つである多嚢胞性卵巣症候群の女性の排卵をリスク無くサポートしてくれる効果があるとされています。

 

ピニトール配合の妊活サプリメント

多嚢胞性卵巣症候群は、排卵がうまく行なわれなくなる症状があり、不妊の原因となります。

 

そして、国内の不妊治療では、この多嚢胞性卵巣症候群の治療法が確立していません。

 

一般的には、排卵誘発剤で強制的に排卵させようとする方法が行なわれていますが、この方法は副作用が心配されています。

 

実際に、卵巣過剰刺激症候群、OHSSなどで辛い思いをしている方が多いです。

 

ピニトールは、多嚢胞性卵巣症候群の女性を助けてくれる、欧米の研究者によって見つけ出された成分となっています。

 

欧米の不妊治療では、ピニトールが当たり前のように使用されています。

 

日本国内ではピニトールが含まれたサプリメントはまだ少ないですが、興味のある方はぜひ、ピニトールの含まれたサプリメントの使用を検討してみるといいでしょう。

 

ピニトールサプリトップへピニトールサプリがなぜ不妊にも効果があるのか、おすすめサプリメントと一緒にチェックするのはコチラから