身近な不妊改善成分「イソフラボン」

イソフラボンは大豆から抽出されたフラボノイドの一種で、抗酸化力効果があり、活性酸素を除去して生活習慣病などを防止する働きがあります。

 

女性ホルモンの一種であるエストロゲンと似たような働きをするので、妊娠しやすい子宮を作り出す効果もあると言われています。

 

 

女性の強い味方になってくれるイソフラボン

イソフラボンは、主に大豆などのマメ科の植物にたくさん含まれており、ポリフェノールの一種となっています。

 

イソフラボンが含まれている豆として代表的なものは大豆なのですが、ほかにアヤメ科、バラ科、クワ科などにも含まれています。

 

ピニトールと違い、多くの食品に含まれているので、比較的摂取しやすい成分と言えるでしょう。

 

イソフラボンには、脂質、タンパク質、DNAなどの酸化を防止する抗酸化作用効果があり、ストレスなどで増えてしまった活性酸素の働きを抑えてくれて生活習慣病を防いでくれます。

 

さらに、女性ホルモンと似た働きをする植物性エストロゲンが含まれているので、不妊症の改善以外にも美肌効果や、女性ホルモンのバランスを正しくする効果があります。

 

 

大豆イソフラボンに含まれる抗エストロゲン

大豆イソフラボンは、天然植物性のエストロゲンがたくさん含まれており、女性ホルモンの分泌を促進させる効果があります。

 

植物性エストロゲンというのは、主に大豆やザクロなどに多く含まれている成分となっています。

 

女性ホルモンエストロゲン、別名卵胞ホルモンは、女性らしい身体を作り出すもので卵巣から分泌されており、子宮内膜を厚くして妊娠しやすい子宮を作り出し
、さらに基礎体温を下げる作用があります。

 

ですが、強いストレスを溜めてしまったり生活習慣を乱してしまったりすると、エストロゲンの分泌が減ってしまい、この影響で生理不順が起きたり、基礎体温などが不安定になります。

 

また、逆にエストロゲンの分泌が多すぎてしまうと、乳ガン、子宮体ガンの発症する可能性が高くなってしまいます。

 

イソフラボンには、エストロゲンの分泌を促して、妊娠をしやすい子宮をつくると同時に、抗エストロゲン作用もあります。

 

増え過ぎたエストロゲンを抑えてバランスを整えて、乳がんや子宮体がんを防いでくれます。

 

イソフラボンを摂取する時に気をつけること

 

納豆や豆腐などの大豆製品から簡単に摂ることができるイソフラボンなのですが、摂り過ぎるのはよくないので、1日の摂取量は70rから75gがいいでしょう。
納豆パックでいうと、2パックぐらいです。

 

一度にイソフラボンを含んだ食品だけ摂取すると血中濃度があがってしまうので注意しておきましょう。

 

オススメな摂取の仕方としては、1日で数回に分けて食べるようにしましょう。
サプリメントなどで摂る時も、摂り過ぎに注意しておきましょう。

 

特に妊娠中に摂りすぎてしまうと、胎児の成長に悪影響が出る危険性があるので、1日に摂る量をしっかりと確認して、用法用量をきちんと守りましょう。

 

ピニトールサプリトップへピニトールサプリがなぜ不妊にも効果があるのか、おすすめサプリメントと一緒にチェックするのはコチラから