ホルモンの乱れを整えてくれる「プラセンタ」

プラセンタは、不妊に効果がある成分として最近有名になってきました。

 

プラセンタはピニトールと比べて含まれているサプリの種類が多く、手に入れやすいのも特徴です。

 

また、近年では不妊治療している方で、お医者さんとしっかり相談した上でプラセンタ注射を受ける方が増えてきました。

 

さらにプラセンタは不妊症だけでなく、不育症の改善の効果もあるので妊娠中の女性にも効果的とされています。

 

 

不妊と精力増強にオススメ

不妊症の原因として、ホルモンバランスの乱れがあるとされていますが、これはホルモンの産生と分泌が正しく行なわれていないことにより、卵子の排卵時期がおかしくなったり、無排卵性月経、いわゆる無排卵周期症になる可能性もあります。

 

しかしプラセンタは、ホルモンの産生と分泌を正しく整え、月経リズムと排卵の安定を促してくれるので、不妊症の改善にとても効果的とされています。

 

ほかにも冷え症や貧血なども不妊の原因とされています。

 

プラセンタは、血行促進作用もあるので冷え症改善、さらに造血のサポートもしてくれるので貧血の解消にも効果的といえるでしょう。

 

このようにプラセンタは様々な面で不妊症に対して力強い味方となってくれます。

 

さらに、抗酸化作用の働きもあるので卵子の老化防止効果やプラセンタの成長因子による子宮内膜の質の上昇など、妊娠しやすくなるための働きをたくさんしてくれます。

 

不妊症というとまず最初に女性側が原因とされることが多いですが、最近は男性側の問題も多くなってきています。

 

女性が妊娠するためには、女性の持つ卵子と男性の持つ精子が元気で健康な状態であることが重要となります。

 

しかし最近では、男性の精子の量が少なくなかったり、精子に元気がないことが原因で妊娠しにくくなってきています。

 

プラセンタには、男性ホルモンの分泌を正しく調整してくれる働きがあり、さらにプラセンタが持っている成長因子など、様々な成分が体の中で働きかけ、精子の数の増加や元気な精子をつくるサポートをしてくれる効果があるとされています。

 

今現在、不妊症で悩んでいる方は、通っているクリニックのお医者さんと相談して夫婦でプラセンタを使用した不妊症治療を行なってみるのもいいでしょう。

 

注意しておくこと

 

不妊症にとっても悩まされて、プラセンタ療法を今すぐにでもやってみたい、と思う方もいるでしょう。

 

お手軽にできるものとしてプラセンタサプリなどがありますが、サプリメントにはさまざまな品質のものがあり、ピニトールが配合された上質なものもあればそうではないものもあります。

 

サプリメントにはプラセンタのほかにもなど様々な成分が含まれていることがほとんどで、その中には妊娠に関して相性の悪い成分が含まれていることがあります。

 

なので、まずは不妊治療の医師や産婦人科の医師にしっかりと相談してから、プラセンタを使用しての不妊治療をオススメします。

 

ピニトールサプリトップへピニトールサプリがなぜ不妊にも効果があるのか、おすすめサプリメントと一緒にチェックするのはコチラから