精力剤の成分としても有名な「マカ」

妊活を行っている方なら1度はマカという名前を聞いたことがあると思います。

 

マカというのは植物の1種です。

 

男性不妊などのときによく使用されますが、実はこのマカ、女性の不妊にも効果的とされています。

 

ここでは、マカが妊娠にどのような効果や効能があるかや、マカの摂取の仕方について書いていきます。

 

 

マカとは?

マカはカブや大根の仲間で、ペルー原産のアブラナ科の多年生植物です。

 

インカ帝国の時代は特権階級の食材とされていましたが、現在はペルーの貴重な収入資源として、たくさん輸出されています。

 

マカはアンデス耕地で栽培されており、強い紫外線と酸性土壌、標高4000m以上の場所で年間平均気温7度以下という厳しい環境で栽培されています。

 

マカは土壌の養分を大量に吸収して蓄えるので、栽培した土地がしばらく不毛になるとも言われています。

 

乾燥したマカの根は7年ほど貯蔵することができるので、保存食としてもよく使われており日本では、2000年頃から有名となってきて最近では、妊娠しやすくなる効果があるとして、ドラッグストアやネットでお手軽に購入することができるようになりました。

 

 

マカが妊娠や妊活に効果があるとされている理由

マカに含まれている成分には、アルギニン酸やリジンといったアミノ酸や、リノール酸、α-リノレン酸などの不飽和脂肪酸も含まれており、米や小麦を上回る栄養があります。

 

さらに鉄やカルシウムも豊富に含まれていることから、滋養強壮の食材として原産国のペルーでは、昔から不妊症の治療によく使用されていました。

 

ほかにも、タンニン、ステロイド、サポニン、アントシアニン、アルカロイドなどの成分も含まれており、これらの成分の効果で内分泌腺が促され、活力増強やストレス軽減、集中力の向上、更年期障害軽減、勃起障害、精力回復などの効能が得られるとされています。

 

また、ラットを使った実験では、マカを食べているラットの方が、マカを食べていないラットよりも、妊娠に必要となるホルモンが多く分泌されるという研究結果が出ました。

 

このことからマカは妊娠したい方をサポートしてくれる効果が期待されています。

 

ただ、マカに対する臨床試験はまだ十分に行なわれておらず、医学的根拠の確立には至っていません。

 

マカを摂取するときは

 

マカの効果についてはまだはっきりとされていないことが多く、産婦人科医によってはオススメされていないところもあります。

 

マカを利用して妊娠したい方は、産婦人科医としっかり相談するのがオススメです。

 

他にも、不妊に効果的なピニトールなどを一緒に摂取するのも効果的でしょう。

 

ピニトールサプリトップへピニトールサプリがなぜ不妊にも効果があるのか、おすすめサプリメントと一緒にチェックするのはコチラから