ピニトールサプリは不妊改善にも効果が期待されています

ピニトールは不妊改善の効果に期待ができる

ピニトールは不妊対策の成分として最近日本でも注目されてきました。

 

日本だとピニトールはもともと血糖値の上昇を抑える効果が期待され、サプリメントでの摂取が多かったのですが、最近ではピニトールへの不妊、なかでも多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)への効果が期待できると話題で、アメリカやヨーロッパなどでは不妊症の改善、妊娠にピニトールが効果的だとされており、サプリメントを中心としてピニトールを利用する方たちが増え続けています。

 

赤ちゃんを望む夫婦、女性はたくさんいらっしゃいますが、ピニトールサプリでぜひその機会を迎えましょう。

 

ピニトールをサプリメントで摂ることのメリットやどんなものに含まれているのかも紹介していくので主に不妊で悩んでいる方は参考にしてみてください。

 

ピニトールの不妊対策への効果は海外で注目されていました

ピニトールは注目を浴びている

ピニトールという名前自体を最近知ったという方は結構多いのではないでしょうか。

 

ピニトールは主に、乾燥地の植物や大豆類などにも含まれる植物由来の天然成分で、植物性インスリン様物質とも呼ばれます。血糖値の上昇を抑える効果を持っているビタミンB郡の一種として、もともとは血糖値を下げる効果が期待されたのもあり、糖尿病予防の手段としてサプリメントで摂取している、といのが日本の認知としては一般的でした。

 

ですが、最近海外では、このピニトールに糖尿病の防止や血糖値上昇の予防のほかに多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の改善にも効果があるとされ、妊活、不妊対策、改善にピニトールサプリを活用する方が増えてきています。

 

海外では、ピニトールの効果が、機能性食品原料としてアメリカ食品医薬品局(FDA)だと1997年12月に、韓国食品薬品安全庁(KFDA)では2007年5月に認定を受け、またイギリスの薬学会誌には2000年にピニトールの調整メカニズムの研究成果が掲載されました。

 

ピニトールはサプリメントで摂取するのがオススメ

ピニトールの1日の摂取上限は1200mgまでといわれます。

 

普段の食生活で補いたいと考えるのが普通、一般的な考え方になるとは思いますが、例えばカルシウムを摂取するのに牛乳や小魚を多めに継続的に食べるのが大変で続けられない、食べ続ける工夫が大変なのと同様に、ピニトールも日々安定して適当な量を摂取していくのは難しいので、サプリメントで摂取し続けるのがオススメです。

 

人気のピニトール配合のサプリメントを集めましたので、参考にしてみてください。

 

これらは公式ページのみでの取扱となり、楽天やamazonでは販売していません。すべて下記のページから購入ができるようになっていて、初回限定割引キャンペーン、お得で毎日飲み続けられる定期コースや、お試しでの単品購入が可能なものもあります。

 

食事では取り続けにくいピニトールをぜひサプリメントから摂取して、妊活の開始、ママになるチャンスを広げてください。

 

ママナチュレ

ママナチュレは、酵母ベースのモノグルタミン型葉酸とピニトールなどを配合した妊活サプリメント。

 

妊娠前に摂取するのが望ましいといわれる

 

・ピニトール300mg
・葉酸が400μg(ミューグラム)
・マカ300mg

 

を一度に摂取できます。

 

クセのあるニオイがなく、無味無臭で、他のサプリメントと比較しても飲みやすいのが特徴です。

 

定期購入での割引があり、継続的な妊活、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の改善にアプローチし続けやすいサプリメントです。

 

ママナチュレの特徴

  • ピニトールをはじめ、ビタミンA・鉄分など、健康に効果のある成分も配合
  • 無添加、放射線チェックも行われ、安全面にも考慮
  • 無味無臭で飲みやすく、続けやすい
  • 定期購入で、7,960円→3,980円(初回50%オフ)&送料無料
  • お客様満足度93%

 

 

>>ママナチュレのさらに詳しい内容はこちら

ベジママ

ベジママはピニトール・葉酸をはじめとする、妊娠しやすくなる様々な栄養が含まれたサプリメントです。

 

自社で栽培したアイスプラントからピニトールを抽出しているので、非常に高品質な商品となっています。

 

・ピニトール:260mg
・ビタミンE:8mg
・葉酸:400μg(ミューグラム)
・ビタミンB12:20μg(ミューグラム)
・ビタミンC:80mg
・ルイボス:50mg

 

もし自分の体質に合わなかった場合でも、期間無制限で返金保障があるので、ピニトールが初めての方も安心してお手軽にお試しができます。

 

ベジママの特徴

  • 葉酸・ピニトール・ルイボスなど、妊娠しやすくなる成分を配合
  • 国内自社工場で栽培した安全なアイスプラントを使用
  • 放射性検査、残留農薬検査済みのものだけを配合
  • 吸収率が2倍のモノグルタミン葉形の葉酸を配合
  • 初回50%オフの2,750円(税別)で、定期便はずっと送料無料
  • 返金保障付

 

 

>>ベジママのさらに詳しい内容はこちら

グラシトール

グラシトールは不妊で悩む人や、血糖値が高い方にオススメのサプリメントです。

 

・6粒あたり、ピニトールが300mg
・その他は不明

 

配合された成分はすべて無農薬で栽培された植物から抽出されたピニトールで、安心・安全な品質となっています。

 

また、ピニトールのみではなく亜鉛やミネラル、ビタミンといった多様な成分が含まれ、妊活・高血糖の予防だけではなく、健康な体作りにも効果的です。

 

グラシトールの特徴

  • 特殊ネット構造で余分な肉を押し上げる
  • 大きめのパッドで横流れを防ぐ
  • 不要な肉を全てバストに持っていく特殊な構造
  • 2つ以上購入で送料無料!

 

 

>>グラシトールのさらに詳しい内容はこちら

ピニトールサプリの飲用をおすすめな方

ピニトールは、血糖値を下げる効果を期待して摂取している方の比率が高くなっています。

 

血糖値が高いことによって起きる下記の状態を確認されている方は、ぜひピニトール入りのサプリメントの活用を検討してみてください。

 

そもそも多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)とは

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)は、下記のような流れ、段階を踏んでなってしまうといわれます。

 

1.高血糖の状態が続く
2.男性ホルモンが増える
3.生理不順、無排卵月経、卵子が育ちにくい状態になる

 

 

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)は、インスリン抵抗性によって高血糖になってしまい、排卵が定期的におきない状態のことを指します。

 

このインスリン抵抗性が起きてしまうの理由は、遺伝的要素などの生活習慣、肥満、高血糖が長く続いている状態といわれ、要因は複数あります。

 

ただ、ピニトールはこれらの原因となる血糖値に作用しますので、ピニトールをサプリメントで定期的に活用するのは、多嚢胞性卵巣症候群になってしまっている方、生理、排卵の定期化ができていない方の不妊対策にオススメなのです。

 

多嚢胞性卵(PCO)は、多嚢胞性卵巣症候群が原因ではない不妊症と排卵障害と違うものとなってくるので気を付けておきましょう。

 

また、肥満体型のまま出産した赤ちゃんは、肥満になる可能性を高めるともいわれます。

 

出産後にカウプ係数を計算して、太りすぎかを計測する方法もありますが、事前に対処できるのであれば、ピニトールを活用しつつ、妊活、着床前にできるだけダイエット、スリムな体型になるように心がけるのがいいでしょう。

 

男性ホルモンが多い

脳から分泌される黄体ホルモンとインスリンのホルモンが異常に多く分泌され、男性ホルモンの量が卵巣内で高くなってしまうと、排卵を促す黄体化ホルモンのほうが高く分泌されやすく、排卵に至らない卵子の数が増えてしまい、多嚢胞性卵巣症候群につながりやすいといわれます。

 

体毛が濃くなったり、ニキビが出やすい体質だと感じたら、ホルモンバランスについて考えてみましょう。

 

バランスの悪さを感じたら、ピニトールなどを摂取して、整えられないかを検討していくのがオススメです。

 

この体の働きに対してピニトールをサプリメントなどで体内に摂り入れると、男性ホルモンの異常を正常な方向に調整されるようになり、ホルモンバランスが正常に近くなり、多嚢胞性卵巣症候群の改善に効果的であると考えられているのです。

 

不妊症の主な原因である定期的な排卵ができていない女性は、正常に排卵が行なわれている女性と比べて排卵のタイミングを確認するのが難しく、妊娠する可能性が低くなります。

 

ピニトールは、その「排卵を安定させる」という妊娠しにくかった方の原因を元から改善させる変化を期待させ、妊娠したい方にとって心強い味方となってくれます。

 

血糖値が高さによる妊活が上手くいかない要因

多嚢胞性卵巣症候群と診断を受ける方は、不妊女性の約5人に1人といわれ、その原因の1つが血糖値が高く、見た目に肥満気味な方、遺伝や生活習慣が原因で血糖値が高い方も多嚢胞性卵巣症候群になる可能性が高いといわれます。

 

この血糖値の高さにピニトールがアプローチし、血糖値の上昇を抑えられ、多嚢胞性卵巣症候群の状態を徐々に良くしていく効果が期待できるのです。

 

また、血糖値が高い、糖尿病の男性は勃起不全(ED)になる可能性が高くなります。

 

不妊対策で考えると、男性に問題がある場合もありますので、勃起不全が疑われる場合には、男性もピニトールを積極的に取るようにして改善に努めてみてください。

 

糖尿病

糖尿病は血糖値が高さに起因して発症する病気ですが、ページの冒頭でもお伝えしたとおり、ピニトールは血糖値の上昇を抑える効果があるので糖尿病の防止などにとても効果的とされています。

 

糖尿病は不妊症と関係がない感じがしますが、実は糖尿病を今まで発症の経験が無いという方でも、妊娠を機に糖尿病が確認されたりしますが、これを妊娠糖尿病といいます。

 

母親が糖尿病になりやすい体質だと、妊娠したお子さんも糖尿病になる確率が非常に高くなるので、予防のためにもピニトールを妊娠する前からの早めの摂取をオススメします。

 

肥満傾向にある

肥満は生活習慣や血糖値、体質の問題など複数の理由で起こってしまうものです。

 

妊娠のためにダイエットをする方もそうですが、妊娠後も継続的に体重をコントロールしていく必要はあるので、食事毎のカロリー制限や食品やメニューごとのカロリーを知る努力や満腹感を得やすいもの、ダイエットメニューは一度でも勉強しておいて損はありません。

 

ED(勃起不全)

男性の場合、ピニトールを使わなくてもいいかというと、そうではないケースもあります。

 

男の方の場合、血糖値が高いとEDになりやすい傾向があるのです。

 

EDになってしまうと当然、勃起ができずに行為に至らない、タイミング法を行う場合にそのチャンスを逃してしまったりすることも。

 

性行為に至れない状態が続いて自信喪失になり、精神的な方向から勃起不全になったというケースもありえますので、男性の方が高血糖の場合でもピニトールを飲んで課題が少ない環境を作ることを心がけてみてください。

 

ただし、当然の話ですが血糖値が高さがEDの原因ではないケースのほうが多いですので、ピニトールの効果を実感できない場合もあります。

 

体力、精神的な部分の安定、亜鉛などの成分の摂取も意識しながら、子宝に恵まれる日を迎えましょう。

 

 

ピニトールはどうやって取り続ける?

ピニトールサプリメントは不妊対策に効果が期待できる

ピニトールはサプリメントでの摂取するのが簡単で負担の少ない手段ですが、食材や飲料などにも含まれています。

 

ですが、こちらを見て比較、検討することで、ピニトールを効果的に活用し続けるのにはピニトールをサプリメントで飲み続けるのがもっとも効率やコストパフォーマンスに優れる事実に気づいてもらえるはずです。

 

まずはピニトールを飲む1日の理想的な量と、成分として多く含まれている食品はこちらになりますので、参考にしてみてください。

 

ただし、サプリメントは健康補助食品、栄養補助食品の部類になりますので、医薬品のように食前、食後、食感といった飲むタイミングに関しては指定ができないもの。

 

ピニトールのボトルやケースにも「1日◯粒(◯錠)を目安に、水などと一緒に飲むようにしましょう」と書かれていますので、その量を目安にしてください。

 

ピニトールは副作用の心配が少ない分「適量」の範囲は広い

ピニトールを飲む量は個々人の状態によって変わってくるものですが、180mgを最低として、上限は1200mgというのが研究結果で示されています。

 

また、副作用の恐れが少ないとはいえ、上限まで飲んでしまうのは体に無理をかけたり、十分にその効果を得られない可能性ががあるので、サプリメントでは300mg弱の摂取を進めるものが多くなっています。

 

ピニトールは食品にどのくらい含まれているか

では、ピニトールが含まれる食材からはどのくらいのピニトールが摂取できるのでしょうか。、それを下記に載せています。

 

実際のピニトールの含有量から、摂取し続けることが現実的なのはサプリメントだと理解できるはずです。

 

大豆製品

大豆製品にはピニトールがたくさん含まれており、そのなかでもピニトールを摂取するときにオススメなのは、そのままの大豆と豆乳です。

 

大豆製品だけで1日に必要なピニトールを摂ろうとした場合、そのままの大豆で約500?600粒、豆乳では約800?900mlという量になります。

 

納豆も大豆製品ですが、製造過程でピニトールが外に出てしまっているため、ピニトールが含まれません。味噌も同様の理由で対象として不向きとなります。

 

乾燥した大豆は十数粒で約5g、21キロカロリーとなります。

 

これが500粒となると1000キロカロリー近くなり、1日の摂取カロリーの半分以上を大豆が占めてしまいます。

 

また、、豆乳の場合は200mlで128キロカロリーですので、800mlだと512キロカロリーと、大豆よりはヘルシーですが、両方とも食べ続ける飲み続けるのは難しい考えるのが普通です。

 

大豆は糖質制限食と推奨している医師もいますので、肥満、高血糖の方にとっては良い食品かもしれません。

 

ただし、ピニトールの理想量を得続けたいのを目的とした場合には、大豆食品に頼るのには胃袋的にも栄養の偏り的にも限界があります。

 

ルイボスティー

ルイボスティーも少量ですが、ピニトールが含まれています。

 

ルイボスティーは淹れて飲むのが普通ですが、少ししかピニトールが含まれず、理想的な量を想定した場合、約100杯分は飲まないといけません。

 

量を減らすために濃くして飲む手段もあるでしょうが、その分味に問題も出るでしょう。

 

無理をして飲み続けること自体、精神的にも負担が出てきますの、ルイボスティーでピニトールを摂取し続けるのも、かなり難しい、しんどいと考えるべきです。

 

ルイボスティーには抗酸化作用があるといわれますので、期待するのであれば抗酸化作用をメインとして飲み続けるのがいいかもしれません。

 

銀杏

銀杏の実でもある銀杏ですが、この銀杏からもピニトールを摂取することができます。

 

ただ、こちらは串焼きであったり、茶碗蒸しの具材の1つとして食べることがほとんど。

 

季節の食材として食べることが多く、ピニトールを含んでいるとはいえ、摂り付けるのには問題がありそうです。

 

アイスプラント

日本ではスーパーなどではたまにしか、もしくはほとんど見かけないアイスプラントは、ハマミズナ科メセンブリアンテマ属の植物で、アフリカやヨーロッパ、西アジアが原産とされ、野菜に分類され、厳しい環境でもミネラルを吸収して生き続ける強さを持っています。

 

別名ツブリナやソルトリーフとも呼ばれ、食品のなかではアイスプラントが1番ピニトールを含んでいます。食べログなどにもレシピが多数掲載されているので、参考にしている方も多いのではないでしょうか。

 

この他にもミオイノシトールという成分を含むという珍しい植物です。

 

日本では佐賀県が塩害対策として栽培しはじめたのがきっかけで、現在の妊活ブームと一緒に認知が広がり、少しずつですが国産のアイスプラントが市場に出るようになってきています。

 

ただ、それを1日のピニトールの目安で考えると、250グラムを食べたり飲んだりする必要があります。

 

食べ方やレシピはこちらを参考にしてみてください。

 

楽天で値段や量を調べてみたところ、安くても「100グラムあたり260円くらい」ですので、1日650円程度が食費にプラスされる計算で、1ヶ月で約2万円。

 

ごく一般的な家庭の懐事情を考えると、エンゲル係数が跳ね上がってしまうかもしれません。(2017年3月調べ)

 

他の食材に比べてピニトールの含有量が多いのですが、値段がまだまだ高く、見た目はほうれん草や小松菜に似ているといっても、一般的なスーパーなどで簡単に手に入りにくいので、アイスプラントでピニトールを毎日食べ続けるのにはまだまだ解消するべき課題があるといえますので、継続的に値段を気にせず口に入れ続けるためには、まだ時間がかかりそうです。

 

 

サプリメント

ピニトールをサプリメントで飲むのに抵抗のある方がいると思いますが、必要量のピニトールを取り込む手段としては1番簡単で無理がありません。

 

なにか持病がある方は、ピニトールのサプリメントを使用する前に医師に相談して、過剰摂取することなく推奨された分量からピニトールを摂り始めるようにしましょう。

 

サプリメントで飲み続ける行為に抵抗のある方もいると思いますが、ここまでに紹介したピニトールを多く含む食材よりも、手段としては最も簡単で、コストパフォーマンスでも優れるのがピニトールをサプリメントで摂り続ける方法なんです。

 

ピニトールのサプリメントの場合には、1日のコストは数十円程度。アイスプラントを購入し続ける場合と比較して、月々1万円以上コストを抑えて手軽に摂り続けられます。

 

また、サプリメントであれば、加工する手間や鮮度を保って調理する必要もありません。

 

不妊対策、血糖値の上昇を予防するのであれば、サプリメントでピニトールを摂るようにしてみてください。

 

その他不妊改善に効果が期待できる成分、食品はこちらから

→ 葉酸:妊活サプリメントでも大注目
→ イソフラボン:エストロゲンを補う効果
→ 亜鉛:ホルモンの働きを助ける
→ マカ:性ホルモンのバランス調整
→ ローヤルゼリー:自律神経、ホルモンに作用
→ プラセンタ:妊娠に関わる細胞の若返り
→ ザクロ:エストロゲンを補う効果

 

 

ピニトールサプリがもたらす効果

主に、ピニトールは環状糖アルコールの1つで、グルコーストランスポーター(GLUT4)という細胞が糖質(グルコース)を取り込むための動きをするタンパク質の活性を促して、糖の取り込み機能を高めると考えられています。

 

ピニトールが不妊で悩む方にもたらすといわれる効果は2つあり、1つが血糖値を抑える効果で、もう1つが多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の改善。

 

多嚢胞性卵巣症候群には排卵が遅れてしまうという症状がありますが、複数の要因がありつつも、ピニトールをサプリメントで摂り続けて、不妊改善から妊娠へと向かう期待が持てます。

 

また、ピニトールはサプリメントであっても植物から生まれた天然由来成分ですので、不妊対策、血糖値の上昇を抑える効果を期待する場合、飲み続けるデメリットや副作用は、よほど過剰な摂取がない限りほとんどないと考えて問題ありません。

 

 

ピニトールによる影響

ピニトールは天然の成分ですので、もともと危険性は低いものですので摂取して副作用が出たという報告は今のところ確認はできていません。(2017年3月時点)

 

ただ、ピニトールは日本でもまだそんなに普及していませんので、この先、副作用が出てしまったということが起きる可能性がないとは言い切れません。

 

1日のピニトールの摂取できる上限は、サプリメントに限らず1200mgまでとなっていますので、超えないようにしてください。

 

繰り返しますが、決まった量のピニトールを含むサプリメントを飲み続けるのが最も簡単な方法です。

 

また、これはピニトールだけに限ったことではありませんが、新しい成分、サプリメントをなどで飲むときは、成分の由来や用法・容量を確認、守るようにしましょう。

 

 

ピニトールサプリメント一覧へ

 

 

検索エンジンCKE